禁煙の方法は自分に合うやり方じゃないと失敗する

失敗したくないならチャンピックスで禁煙チャレンジ

禁煙補助薬のチャンピックス

タバコを吸ってしまう原因には、大きく2つあります。
ひとつは身体的な要因、もうひとつは精神的な要因です。
身体的な要因はニコチンへの依存症です。
タバコにはニコチンが含まれていますが、喫煙すると肺からニコチンが体内に吸収されます。そして血液に乗って脳へと運ばれます。

脳内にはニコチン受容体という神経があり、ここにニコチンが結合するとドーパミンという快楽物質が放出されて気分がよくなります。
このドーパミンの放出による快感が得られる状態は持続せず、およそ30分で消失してしまいます。
すると再び快楽を求めてタバコに手を出してしまう、というメカニズムになっています。

このニコチンの依存症を改善させて禁煙を実現させるための薬がチャンピックスです。
チャンピックスは、ファイザーが販売している禁煙補助剤であり、主成分はバレニクリンです。
バレニクリンは、アメリカではチャンティックスという名称で販売されています。

チャンピックスは、ニコチン受容体に結合する事でニコチンと同じくドーパミンを放出させる効果があります。
ただし効果はニコチンが結合した時よりも少ないです。従ってタバコを吸った時よりも気持ちよさは若干小さいです。
これは、ニコチンへの依存症から脱却しても今度は薬物依存に陥らないためには必要な機能です。
チャンピックスは同時にニコチンがニコチン受容体に結合するのを妨害するので、タバコを吸っても今までのような気持ちよさが得られなくなります。
この事でタバコへの欲求が低下して禁煙が容易になります。

今のところ、チャンピックスの禁煙率は禁煙補助薬の中でもナンバーワンだと言われています。
他の禁煙補助薬がニコチンを含んでいるのに対して、チャンピックスはニコチンを含んでいない事も成功率が高い原因と考えられます。
治療期間は12週間が基本です。治療期間が短いほど禁煙に失敗する人の割合は増しますが、12週間続けていると、9か月後でも約半数の人が禁煙を続けられているという報告もあります。

チャンピックス服用前に副作用について知っておこう

チャンピックスを服用する方法としては、まず病院があります。
病院でニコチンへの依存症と診断されると、チャンピックスを保険適用で処方してもらうことが出来ます。
ただ病院の場合は依存症と診断されなくても、医師の判断と本人の了解があれば、保険は適用されませんが自由診療で処方してもらうことも可能です。
ただしその場合には、保険が利かないので費用はかさむことになります。

処方箋がない場合、チャンピックスを購入するにはドラッグストアやインターネット通販などでは購入出来ません。
ただし、個人輸入であれば購入は可能です。個人輸入については1回につき約2か月分までの購入が認められています。
チャンピックスの治療期間は12週間ですから、2回に分けて個人輸入すればよいという事になります。

禁煙には大変有効なチャンピックスですが、副作用もあります。
チャンピックスの添付文書にはめまいと傾眠の傾向があると明記されています。傾眠は意識障害の一種で運転や高所作業などは危険です。
副作用の中には胃のむかつきからの吐き気などもあります。タバコを吸った時に吐き気を感じる他、服用中の吐き気を覚える人もいます。
その他、悪夢を見たり頭痛がしたりといった副作用も報告されています。

アメリカでは、バレニクリンの服用によって、不眠症や抑うつ状態に陥るとされていて、重症の場合には自殺への願望を感じて実際に自殺に至るケースや、異常行動、暴力行為を起こす割合も極めて高いとされています。
脳に直接作用して効果が強いだけに副作用も強い薬だといえます。
たとえ個人輸入で、自己判断で服用していても、治療中に精神的に不安定になって変調がみられる場合には服用を中止し、医師に相談をしましょう。